「在宅ワーク」で稼いだ全額を「投資」

詳細はこちら >

【クラウドワークス登録1か月】WEBライティング案件に挑戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【クラウドワークス登録1か月】WEBライティング案件に挑戦

【クラウドワークス登録1か月】WEBライティング案件に挑戦
【クラウドワークス登録1か月】WEBライティング案件に挑戦

学校の作文や論文以外に文章を書いた経験がない主婦が、クラウドワークスに登録して1か月(タスク案件20件終了後)にWEBライティング案件に応募しました。

クラウドワークスでWEBライティング案件が「おすすめ」案件としてでてくる・・・
オファーとしてWEBライティング案件が1件きた!

こんな状態でした。

すぐ案件を検索しましたが、0.2円とか0.1円ばっかり・・・主婦や初心者はこのくらいの単価なんだろうか?この単価に応募して頑張る方がいいのか?不安になりツイッターを見ました。

すると、0.5円以上又は1円以上の文字単価を進めていました!

そうか、安くで内容搾取の悪い発注者もいるんだ!私の時間多少はプライドもって仕事を探そう!!そう思い改めてクラウドワークスでWEBライティングの仕事を探すことにしました。

WEBライティング未経験の初心者がWEBライティングで初稼ぎ!の流れをまとめていきます。

クラウドワークス初ライティング案件は3000文字×0.5円

クラウドワークスでライティングの案件を選択しても、自分には書けなさそうなキーワードや単価の低いものばかりでした。

諦め、事務系の在宅ワーク、pptでの企画書作成やwordでのテキスト打ちなど自分にできそうな単発プロジェクト案件を探すことにしました。

タブレットからPCに端末を変えてPCで自分の応募した案件をみました

「どんな人が応募してるんだろう」

「この人、他はどんな仕事をしてるのかな?」

実績を見よう!

同じ案件にたどり着いたのも何かの縁です!その方がの応募実績をみました!

「え・・・条件すごくいい案件だ!」「この発注者みてみよう!」

この同じ案件に応募している人の、応募実績→発注者 でとても良い発注者を見つけることができました!

早速応募し、受かりました!このクライアントさんは今でもお取引があります。

単価もとても上がっています。

クラウドワークスで仕事を探す際に、おすすめの探し方の一つです!

合わせて、読んで欲しい記事↓

WEBライティング、WEBライターとは

WEBサイトに掲載される文章を書く人がWEBライター、その文章を書くことがWEBライティングです。

WEBライティングはWEB上の文章で、通常のライティングは上の文章ということですが、何が違うのでしょうか?違いは流入経路になります。

紙の文章は、表紙か、目次や文頭からライターが読んで欲しい順に並び、読むか読まないかは別にし
順番に文章を提案することができます。

紙と違って、WEBの文章はSNSやgoogleなどの検索から自分の調べたい「キーワード」で検索し、該当した箇所が表示されるので、全体をみていない人でもその文章を読むことになります。

クラウドワークスにはWEBライティングのお仕事が多く掲載されています。2020年12月1日現在でも
ライティング・記事作成で検索すると2500件以上の案件が表示されます。

クラウドワークスWEBライティング案件
引用元:クラウドワークス

WEBライティングの仕事内容

WEBライティングの仕事内容
WEBライティングの仕事内容

WEBライティングの仕事は企業や個人(ブログ)などのコラム記事や、商品の紹介記事などWEB上に掲載される多様な文章をライティングします。契約金額は発注者によって大きく異なり、1文字〇円という形で提案されることが多くなっています。

WEBライティングの仕事内容を細かく分けると多岐にわたりますが、在宅ワークで月5万円稼ぐという目線で最低限分かっておきたい内容を記載します。

WEBライティングの仕事:文章作成のみ

1文字〇円と提示され、文章作成のみ依頼されるパターンです。
この場合、多くのクライアントはキーワードを指定します。

この場合指定されたキーワードを文章に散りばめながら、起承転結に読み手がそのキーワードで検索してきたときに知りたいと思われる内容を網羅した文章を作成していきます。

納品はテキストファイルやwordファイル、googleスプレッドシートなどで納品することが多くなっています。

ちゅんママとしては、この文章のみ作成のWEBライティングをおすすめします。

WEBライティングの仕事:画像選定とwordpress入稿

1文字〇円と提示され、文章作成とその文章に合う画像選定を行い、wordpress入稿まで行うパターンです。文章のみの依頼と同様に、多くのクライアントはキーワードを指定します。

文章作成のみの依頼に加えて、画像選定とwordpressが追加になる依頼内容となりますので、このパターンの場合は文字単価を高めに想定しないとかなり安く案件を受注することになってしまいます。

またwordpressは、使い慣れていない人は難しかったりバージョンが異なるだけで管理画面の仕様が違うこともあります。慣れていない人であればプラス1時間程度、写真選定も併せると30分~1時間半くらいは時間を費やすことになると思います。

これらのことから、クラウドワークス初心者やWEBライティング初心者の方の始めのWEBライティング案件は文章のみで案件を探すことをおすすめします。

WEBライティングはリサーチ力と構成力

WEBライティングはリサーチ力と構成力
WEBライティングはリサーチ力と構成力

WEBライティングを在宅ワークの一つに取り入れた場合、SNSや検索エンジンからキーワードできたユーザーがあなたがWEBライターとして書いた記事をみることになります。

WEBライティングを在宅ワークの一つにする場合、リサーチ力と構成力が重要になります。

理由は明確です。

リサーチ力

残念ながら全てを体験したり、全ての知識があるわけではありません。生活で使う細かなモノから不動産や投資、恋愛、あらゆるジャンルのWEBライティングの仕事があります。

数多くのジャンルがあるからこそ、他の人より先に・他の人より詳しくキーワードや関連の内容に対するリサーチがよい記事作成の近道になります。

私もクラウドワークスでWEBライティングを始めた当初、3000文字??埋まらないと思っていました。リサーチを意識し、リサーチ力がアップすると構成がラクになり書かなければいけない内容がみえてくるようになるのでスピードがかなりアップしました。

構成力

WEBライティングやブログを初めて、陥るミスが「書きたい文章を書いてしまう」ことです。

WEBライターの書きたい文章でライティングしてしまうと、まるで日記のようになってしまい文書が読みにくくなったりキーワードとずれてしまう可能性が高くなります。

また読み手が読みたくなる文章を、構成する為にも重要な要素です。

クラウドワークスで探す時、WEBライティング初心者は1文字0.5円以上、1000文字~2000文字!

クラウドワークスの案件、WEBライティング初心者は1文字0.5円以上、1000文字~2000文字から挑戦を
クラウドワークスの案件、WEBライティング初心者は1文字0.5円以上、1000文字~2000文字から挑戦を

クラウドワークスでWEBライティングで案件を探す場合、WEBライティング初心者は1文字単価0.5円以上の案件で1000文字~2000文字の文章作成のみの案件から挑戦することをオススメします。

2000文字×文字単価0.5円でWEBライティング

文字単価0.5円でWEBライティングを受けた場合1記事あたり500円~1000円となります。

1000文字×0.5円=500円

2000文字×0.5円=1000円

例えば週に2000文字2本ライティングを行った場合、2000円。
文字単価0.5円で月8本行うと、WEBライティングだけで月に8000円の収入になります。

良いクライアントに巡り合えた場合、3~6か月ほどWEBライティングをすると値段交渉を行ったりクライアントから単価を上げてくれることもあります。

2000文字×文字単価1円でWEBライティング

文字単価1円でWEBライティングを受けた場合1記事あたり1000円~2000円となります。

1000文字×1円=1000円

2000文字×1円=2000円

同じ2000文字を週に2本作業をしていて、文字単価1円に上がった場合
月に8本で16,000円になります。

初心者は3000文字のWEBライティングはダメ?

結論、書けるのならダメじゃないです。前職や実際に自分でWEBライティングを経験して
WEBライティングは「文章を短く端的にまとめる」「文章を長く書く」が難しい要素です。

実際にクラウドワークスでWEBライティングを行った時始めの事は1000文字が書きやすく、2000文字とはちょっとリサーチがプラスで必要という感覚でした。

3000文字になると2500文字までは書けるのですが、残り500文字の壁・・・これはリサーチ力と構成力が影響しているんだと思いますが、かなり高い壁に感じました。

クラウドワークスは発注側の評価あってのものです。
クラウドワークスで安定して案件を得ている人の多くは★5の高評価の方が多いのが事実です。

一個でも★3や★1の低評価が自分についてしまうリスクを考えると、得意や分野や長すぎない文字数から実績や経験を積んでいく手段をおすすめします。

クラウドワークスのライティングで稼ぐには、メンタルや仕事時間の作り方が重要

WEBライティングで稼ぐには、メンタルや仕事時間の作り方が重要

WEBライティングは初心者は心が折れやすい

クラウドワークスでWEBライティングを行う、初心者は心が折れやすいです。

WEBライティングは在宅で仕事ができるというメリットがある反面、孤独で単調というデメリットがあります。またWEBライティングの依頼から〇日以内に納品しなきゃ!など日々納期がある精神的なストレスを感じてしまうことがあります。

大丈夫です!みんなストレスたくさんですよ。WEBライター用のTwitterアカウントを作成し、他のWEBライターさんがどんなことをしているか?みてみると気分転換になりますよ!

WEBライティングを続けるには時給を意識する

WEBライティングに限らず、一定の作業効率を考えて仕事をすることは重要な要素です。WEBライティングやクラウドワークスを始めた当初は時給に換算すると数十円~数百円と安いと思います。

ですが、在宅ワークを行う場合時間管理も収支管理も一人で行うことになります。

成長を感じる上でも、得意なWEBライティングのジャンル探しの参考などにも
時給や時間を意識しながら仕事をすることがおすすめです。

クラウドワークスでWEBライティング!稼ぐのは難しい?

1日6時間WEBライティングに時間を充てる!などすれば月5万円稼ぐことができるかもしれませんが、クラウドワークス上のWEBライティングで初心者が月5万円稼ぐのは難しいと思います。

ちゅんママworksでは、隙間の時間で月5万円の維持を目指しています。
子育て主婦の隙間時間の在宅ワークで月5万円を目指すには、
WEBライティングも重要な案件柱の一つです。
案件柱の一つであるWEBライティングでは、月1万円~2万円をクラウドワークスで案件確保をおすすめします。

この記事を書いた人
ちゅんママ

共働きWEBディレクターから専業主婦のママに。
2020年3月から【WEB在宅ワーク月5万】効率的に稼ぐ方法探求中!
そこから稼いだお金を投資で増やしたいと考え
【積み立てNISA】【デイトレ】【高配当株】に興味津々!
子供の発達障害と向かい合う時間を絶対優先、専業主婦でも収入安定を目指しています。

ちゅんママをフォローする
主婦の在宅ワーク
スポンサーリンク
シェアする
ちゅんママをフォローする
スポンサーリンク
在宅ワークブログ!ちゅんママworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました