2020年:主婦が在宅ワークで稼いだ実際の金額

スポンサーリンク

主婦が在宅ワークで稼いだ実際の金額

主婦が在宅ワークで稼ぐ!振り返りと実績まとめ
主婦が在宅ワークで稼ぐ!振り返りと実績まとめ

主婦が在宅ワークで稼いだ実際の金額
主婦が在宅ワークで稼いだ実際の金額

在宅ワークを始めた当初は、「WEBライターで月5万円在宅ワークで稼ぎたい」と思いクラウドワークスに登録しました。
WEBライターのイメージはスタバやマック、空き時間で文章を書けそうだと思っていたからです。

実際にクラウドワークスや直接契約の案件でWEBライティングを行うと、一言「疲れた」

一文字0.5円~1円のWEBライティング案件に挑戦しましたが、腰が痛くなりました。

また、スタバやマックで文章作成は私には効率が悪くお茶すらできないので辞めました。

12月在宅ワークで稼いだ額

月により変動があります、12月の単月での例を記載しています。

●SNS運用→月3万円

●WEBライティング→月1万円

●通販サイト フロント対応→月1万円

●その他→0~1万円

ちゅんママ
ちゅんママ

会社とか後ろ盾のない、実績のない私がお金を稼げる!フルタイムの時よりうれしいのって変な気分!

主婦が在宅ワークで稼ぎたい、けど家事や子育てが優先

このブログを立ち上げる約半年前、主婦でも在宅ワークで稼ぎたい!という思いから

クラウドワークスに2度目のチャレンジをして少額ですが稼ぐことができました。

私が目指す主婦の在宅ワークは子育てと主婦業が優先です。

月に10万、20万と在宅ワークでフルタイムのように稼ぐ事を目指している方にとっては、情報が薄いと感じると思います。

私は子供との遊ぶ時間を十分にとって、家事をそこそこやれる時間を確保し
子供が学校や幼稚園に行っている2~3時間で月5万円を稼ぐことを行っています。

2020年の主婦が在宅ワークで稼いだ内容を簡単にまとめてみようと思います。

月5万円を週3日、1日2時間稼働で稼ぐ。が働きやすい!

今の在宅ワークの働き方→いろんな人からいろんな仕事を

平日毎日1時間でも1日2時間で週3日でも、働き方は決まっていません。私の性格上毎日在宅ワークをすると主婦業をさぼりたくなってしまうので、1日2時間にして土日を含み週に4日休むようにしています。

休みと言っても簡単な投稿(5分)程度を行う時もありますが、フルタイムで働いているときも休みの日にPCで対応等はあったので5分程度は私は許容範囲となっています。

WEBライティングはちょっとでいい→文字単価なので稼ぐには時間が必要

WEBライターの方や、WEBライティングを初めて頑張る方はとてつもなく努力家な方が多いと感じました(Twitterでの判断)私は短時間に少し稼ぎたいし、性格上浅く広くタイプだからかもしれませんがWEBライティングはあまり向きませんでした。

ですが少しだけWEBライティングは続けます。理由は後半の内容と重複しますが、見せる文章を身に着ける為に勉強として行う作業だからです。

在宅ワーク初心者がまず登録!クラウドワークス。稼ぐ土台作り、おすすめの取り組み方をまとめています。

在宅ワークを始めた当初

在宅ワークを始めた当初は月3000円~5000円で時給にすると150円~200円ほどでクラウドワークスでタスク作業やプロジェクト作業をしていました。

この時は、自分に合う仕事をクラウドワークスで検索していました。

ちなみに、在宅ワーク始めこの時の私が考える「自分に合う条件」は下記です。

<在宅ワーク当初の仕事選定の条件>※クラウドワークス
  1. 子供がいるので、長時間の仕事はNG
  2. 主婦なので、できれば土日休みのものがいい
  3. 機械的な人とは仕事したくない
  4. 継続的に仕事をもらえる人がいい
  5. 時給計算して400円は欲しい

在宅ワークの為にスクールに行ったりするお金や時間を費やす必要があるなら、外にランチ時間のパートに出ようと思っていました。

在宅ワークで月5万円稼げるようになった

今はクラウドワークスや直接の仕事依頼で、月5万円以上は稼ぐことができるようになりました。
※いつまで続くかわかりません…


とはいえ、在宅ワークで稼ぐ0→1にする下準備が大変です。それができた2020年はとても有意義な主婦としての時間を過ごすことができました。フルタイムで働いていた時よりも気持ちは穏やかで達成感や充実感のある時間を過ごせていたと思います。

「在宅ワークで月5万円稼げるようになった」要因
自分の性格と主婦である自分にできることを、相手に伝わる文章を書けるようになったこと

パートの面接は面と向かって行い、本人の雰囲気から交通の便や時間などあらゆる面で総合判断されると思います。在宅ワークの発注者と受注者のやり取りの多くパートと違い文面のみで大方判断される性質があると思っています。

例えば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトで在宅ワークを探す場合は利用者は同じフォーマットで応募することになります。よくある応募数は条件が良い発注者であれば200人以上は応募します。

同一フォーマットということは、導入文のすばらしさや段落の使い方など見せる文章が上手な人が提案文を読んでもらえることになります。

逆に、どんなに有能な方でも・資格を持っていても提案文やプロフィールを読まれなければ意味がありません。200名以上の応募者を発注者は見る時間がないので採用活動をしているわけです。


※もちろん大型プロジェクト案件や金額の高い案件はZOOM等で面談ありますが、それらも通常より応募し易い環境なので文面のみで一次審査が行われます。

在宅ワークを始めた初期の取り組み内容をまとめた記事です

主婦が在宅ワークで稼ぐには、まず自己分析を

新卒の就職活動を思い出しますが、自己分析を行いました。

冗談のようで、ほんとの話です。

共働きのフルタイムで働く際に何度か転職を試みたことがあります。その時は同業種での転職でしたのでただ自分の実績と強みを口で伝えればよかったのです。

ですが、在宅ワークで稼ぐ為にクラウドワークスに登録した際にはその手法はダメでした。

発注者は個人の方が多く、言葉は不適切ですがだれも私の価値に気づいてくれません

だからこそ、在宅ワークで稼ぐ為には誰が見ても、この人は〇〇ができる!と分かりやすい文章を見せる文章で書ける必要があります。

自分には強みがない。と思うのは間違いで、強みがないと思う人は文章能力が足りていないだけです。

私は、自己PRや自分のキャッチフレーズを決める自分の見せる文章を作成する為に1日2時間×10日はクラウドワークスやランサーズその他ブログなどを見て回り先輩たちの見せる文章をとにかくコピペしました!※それらを参考に自分の見せ方を作りました

在宅ワークで月5万円稼げるようになったタイミングは、主婦である自分の長所を言語化できた時

私が、在宅ワークで気持ちに余裕がある状態で月5万円稼げるようになったのは、主婦である自分の長所を言語化できた時でした。

自分のことを言語化できるとクラウドワークで仕事を検索する時も大変ラクです。またクラウドワークスの応募文章も6パーターン程つくればほぼコピペで応募できるようになりました。

主婦が在宅ワークで稼ぐ為に昨年やった環境作り

昨年は主婦である自分の売り方と、自分なりの主婦業と両立できる在宅ワーク条件を決めれたことが今年につながる良い取り組みだったように感じています。

合わせて在宅ワークを楽しむ為にTwitterを開設し、他のWEBライターの方々がどのように在宅ワークに取り掛かっているのかみると孤独感が減りモチベーションが下がらずに続けることができました。感謝です。

WEBライティングSEOの勉強を行いたいと思い、昨年10月に「ちゅんママworksブログ」を開設しました。ですが昨年は10記事程しか書けなかったので、2021年は月に7本の目標で記事を更新したいと思っています!!

主婦が在宅ワークを始めるメリットをまとめています
この記事を書いた人
ちゅんママ

共働きWEBディレクターから専業主婦のママに。
2020年3月からWEB在宅ワーク・WEBライティングを始めました。
主婦でも、在宅で月5万円を効率よく稼ぐ方法を探求中!
子供の発達障害と向かい合う時間を確保する為に、在宅ワークでの収入継続を目指しています。

ちゅんママをフォローする
在宅ワーク
スポンサーリンク
シェアする
ちゅんママをフォローする
スポンサーリンク
在宅ワークブログ!ちゅんママworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました